読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

旅立ってしまった彼を偲んで・・・ジャック!!2

 


Mです☆

f:id:obus:20160213193841j:plain

 

 

前回の記事の続きです。

よくあるあるの失敗パターンを書いています。

 

 

 


じゃあ自信なんてどうやってつけんのよー!!

 

 

て感じなところで止まってます。

 

 

 

今日は簡単な自信の付けかた

 

 

 

 


が、くると思うでしょ。

 

 

 

 


でもあえてかかなーい

 

 

 

はい、うざいね笑

 

 

 

 


まずね、自信ない状態って、認めるのしゃくなんですよね。

 

失敗しちゃった、とかさ。
もうできない、とかさ。

 

なんだかんだ人って言い訳したくなるものです。


あのときは、こうだったから・・・
あのときは、たまたまで・・・


みたいな。

 

 


でもね、現実はなんか自信なくなっちゃってんの。


それって、もう一回やるのが怖いんだよね。

 

で、人って怖くなると、扉を閉めます。

 

 

 

バタン!!!!

 

 


感覚的にわかる人おおいと思います。


もうだめー!いやー!


てなると、シャットアウトしちゃうのよね~。

 

 

 

じゃあその扉の中に、


何が入っていると思いますか?

 

 

入ってるものはね、傷ついた気持ちなのです。

 

 

痛い!
辛い!
見たくない!!
なかったことにしちゃえ!

 

 

ということで扉を閉めちゃうんです。

 

キズついたことのショックが大きすぎて

 

 

見ない!
傷ついてなんかいない!
触れないで!

 

 

という手負いの獣状態です。

 

 

ほっといて傷が治ればいいですが、


それほどショックを受けるキズということは、ささくれぐらいではないわけです。

 

 

だからいつまでたっても治らない。


実はずっといたいけど、それを無視してるんですね。

 

 

 

で、面白いものでその締めちゃった扉に近寄りたくないから
回り道しなきゃいけなくて
ほんとにやりたいようにはできないんだよね。

 

だからまたキズつくこともあったりします。そしたらまた扉を作ります。

 

バタン!!!!

 

 

こうやって複雑に扉が心の中にできていくと、


もう通る道がぜんぜんないわけです。

 


そうするどんどん追い詰められるでしょ?

 

 

 

 

なんどもチャレンジしてるのにうまくできない自分が嫌になって

 

自分を攻めてまた新しい扉できるでしょ?

 

 


そして選択肢(視野)の狭い人になっちゃうんですね。

 

これ、

メンタルブロックとも言われるやつですね。

 

 

 

 

そのね、メンタルブロックがある状態でなんかやっても

無駄なのよね。

 

冷たい言い方だけども、

○○したら?

って誰が言っても、

 

いやだ!!!

無理!!!

 

 

ってなるの。

経験ある人多いと思うな。

 

ひどいと、

 

そんなこと言うなんてひどい!!!

 

てなるの。

 

 

切ないよ~

これ言われると、結構切ないよ~

 

でもそれもしょうがないんだよね、気持ちわかるよー。

 

 

 

ふふふ、長くなってきたー!!!

 

ではまた明日!!!!