読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

とても大事なものを失った。そんな夜。

 

歯がね、

 

 

 

 

かけたの。

 

 

 

 

 

が欠けたの!!

 

 

 

 

 

今の時期って乾燥してるじゃない?

 

 

 

 

あ~、喉が乾燥してるな~

 

何て思って、のど飴なめてたのよ。

 

 

 

 

 

んでバリバリ噛んでたらね、

 

 

 

 

なんか前歯に違和感がでてきたの。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

アタクシの前歯って、

 

 

こんなにギザギザしてたっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタクシの前歯って、

 

 

 

こんなになってたっけ・・・?

 

 

 

 

 

 

 

んんーーー??

 

 

 

 

 

 

んんんんんーーーーー???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!?

 

 

 

 

 

 

 

ってことで急いで鏡みたら、

 

 

 

細くなった前歯の欠片達と一緒に、

 

 

 

 

白い欠片がありましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下顎の前歯の、

内側が ぱ っ く り かけてたわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

内側だから正面から見たら

 

まだ普通なんだけど、

 

 

 

 

 

 

完全に強度がもろくなっちゃってるもんだから

 

 

このままいけば確実にどんどん折れるでしょうし、

 

 

 

 

 

いろんなものがこれからどんどんしみてくると思うのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ、歯とか歯茎とか、

 

大事なものが欠損したときって、

 

 

心にぽっかりが空くわね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんでしょう、この虚しさは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずーっと連れ添ったパートナーが、

 

 

 

これから先もずっと一緒だと

 

 

信じてやまなかったパートナーが、

 

 

 

 

 

唐突にアタクシのもとを去っていった・・・みたいな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つらいわ。

 

 

 

 

辛すぎるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼、純白の君よ。

 

貴方は何処へ旅立ったのか。

 

夜毎夜訪れる、

 

その重圧に耐えかねたのか。(歯ぎしり)

 

 

 

金色に弾けるものの王冠も、

 

貴方の前では深く腰をおりこうべをを垂れ、

 

なに脱ぐことのなかったその王冠を、

 

貴方には素直に差し出したというのに。

 

(瓶ビールの栓は歯で開けた)

 

 

 

はもう霞雲の向こうへと消えた

 

 純白の君よ。

 

にどんな人が来ようとも、

 

貴方に敵う人など、

 

うこの世には存在しないのに。

 

(永久歯大事。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼、今夜はセンチメンタルな夜になりそうだわ。

 

 

 

 

 

夜の静寂がアタクシを包み込み、

 

吹き抜ける冷気が、

 

欠けた歯に染み入るんだわ。

 

 

 

そうして芯に伝わる痛みが、

 

失ったものの大きさを教えてくれるんだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯医者さんに

 

駆け込んでくるわ!!!!!

 

 

f:id:obus:20160208195712j:plain

広告を非表示にする