読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

美しき戦場の乙女

 

 

 

コミー:あ、ねぇ戦場でさ、

 

Mえ!?・・・う、うん。

 

コミー:戦いに行くのに何も身につけてないと怖いじゃん。

 

Mう、うん。怖いね。

(何を言い出したんだこの人・・・。)


コミー:だからを身に着けるわけだけど、それと武器が必要なわけよ。

 

M:そうだね、必要最低限はほしいよね。


コミーそう。で、それがあればなんとか戦場に出て行けるじゃない?


でもね、これは絶対に破れない鎧で、これは最強の武器で、この盾はダイヤのついた限定品で、ってさ
そういう武装をいっぱいしたら、その全てが重過ぎて動けなくなっちゃうの。

 

M:うん、そうだね。それただのデブだね。

 

コミーそう、それにそれだけいろんなものをもってたら、

どうなると思う?

 

M:え?

 

コミー鈍いわね。殺されやすくなんのよ。
だって奪えばいいじゃない。

 

M:確 か に 。

 

コミー:だからそれよりも、武器のつかい方体術を覚える。
絶対によけれるっていう自信を持つか、武器の使い方を勉強してくるとかね。

 

Mうんうん。確かに。鎧だけじゃ何にもなんないからね。

 

コミー:そうよ。

だから、外見だけじゃなく内面も磨くの。

ダブルオーセブンは、すっごい車のってるし、すっごい武器をもってるけど

 

M:!?

(次はダブルオーセブン!?)

 

コミー:あの人は武器が無くても、素手でも勝てるわけ。
だからこそあれだけの武器を扱えるわけよ。

 

M:あぁ、それはそうだろうね。きっと必ず体術とかは極めてるよね。


コミー:もうそれをうらやましがってもしょうがないんだから

自分自身を鍛えるしかないの。おわかり?

 

M:うん、ふんわり解った。

 

コミー:よろしい、精進しなさい。

 

M:えっ!?あ、はいッ!!

広告を非表示にする