おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

逆張りワッショイ

 

 

 
ワタクシは毎年、
 
服装の好みが変わる人なのよ。
 
 
今日も、今年用の新しい服を買いに行ったわけですよ。
 
 
今回はボルドーのジャケットがメインで欲しかったんだけど、
 
百貨店の店舗を巡ってもなかなか素敵なジャケットに
 
出会わなかったんですよね~。
 
 
いろいろ巡って、やっといい感じのジャケットを見つけ、
 
誘われるように店内に入る。
 
 
そして一直線でそのアイテムを手に取りますよね、
 
 
もちろん。
 
 
 
そしたらそこで店員さんがデフォルトで声をかけてくるわけですよ。
 
 
 
そう。デフォルトで。
 
 
 
でも今回デフォルトだったのは、
 
「声をかける」というアクション
 
だけだったんですよ。
 
 
今回は声かけの内容が違ったの。
 
 
ふつうは
 
「最新作なんですよ~」
「人気の柄で~」
「よかったら試してみて~」
 
 
みたいな声かけがほとんどなのに、
 
 
今日の店員さんは
 
 
「僕みたいに年に負けて体系が崩れてくると、
腹回りだけでLサイズになっちゃうから
ちょうどいいサイズなんてないんですよ・・・」
 
 
 
って、
 
 
メッチャテンション低く言われたんですよ・・。
 
人間ってあまりに予想外の事態が起きると、
 
「えっ!?」って反応しちゃうのよね。
 
 
そりゃ、いきなりそんなん店員さんに言われたら
 
びっくりするでしょ?
 
 
 
 
 
でも彼のうまいのはそこからだった・・・。
 
 
 
 
 
ワタクシの肩幅って、身長のわりに広くて、
 
結構合わないメーカーとかも多いんですよね。
 
 
でもそのブランドのデザインって、
 
ちゃんと肩幅をしっかり作って、
 
ウエスト絞り目に作ってある
 
まさにワタクシの体系に合ったデザインだったの。
 
 
 
むしろ
 
 
ワタクシのためのデザインだったの。
 
 
 
 
そう、彼はアタシの体形を見て、
 
最強のセールスポイントを一瞬で見抜いたわけですよ。
 
 
そしてそれをいきなり伝えるのでなく、
まずはインパクトを与えて興味をひくために、
アパレル店員という立場でありながら、
超ネガティブキャラという入り口でいきなり来たわけです。
 
一般的なアパレルの販売員が
 
明るく」「キラキラ」「ポジティブ
 
 
みたいな人たちが多い中で、
 
彼は完全に真逆から攻めてくる、
 
 
 
まさに本気の逆張り思考!!
 
 
知識やスキルがしっかりしているからこそ、
 
一般的に多いキャラクターと真逆から攻め込むことで
 
オンリーワンの存在となる・・。
 
実力がないとできないことだわ
 
(本人がそこまで計算してるかは別として。)
 
 
 
 
 
案の定そのあとかなり盛り上がってしまい、
 
ジャケットやらインナーやらパンツやら
 
 
 
諸々買っていきましたよね。
 
 
 
 
そしてたぶんまた今度も行くんでしょう。
 
 
 
見事にしてやられました・・。
 
 
 
 
こういうところでも、
 
常に「なぜなのか」を考え続けることで、
 
 
普段の自分の仕事や生活に生かせるヒント
 
 
見つけることができるってことね。
 
 
 
一般的に言われている「良い」の逆側には、
 
どんな価値があるかを見るのって結構重要よ♪
 
 
 
それじゃ今日はここまで!!
 
 
 
チャオッ!!!!

f:id:obus:20151112211724j:plain

 
 
 
広告を非表示にする