読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

淀川コミ治の月曜ほにゃらら

最近は動画クリエイターみたいな思考になってるコミ―です。

 

 

 

昨日の夜見てた映画が

 

 

これ

 

 

 

 

ファッションが教えてくれること [DVD]

ファッションが教えてくれること [DVD]

 

 

 

 

なにを隠そう、

 

アン・ハサウェイが

 

 

 

超絶可愛すぎて、

 

 

 

世界の男や、全人類が悶絶したあの

「プラダを着た悪魔」

のモデルになった、

 

世界的ファッション誌「ヴォーグ」の編集長に密着した

 

 

 

ドキュメンタリー映画なのよんっ!!!

 

 

 

 

 

 

ドキュメンタリーだから、

 

アタクシはなぜかカメラの取り方とかそんなんばっかみてたんだけど、

 

 

 

内容もなかなかおもしろかったのよ。

 

 

 

 

とにかく、

 

 

 

 

出てくる人たちが変態ばっかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

編集長のアナは、あだ名がその名も『氷の女王』

 

 

 

 

 

 

 

類まれなる感性を武器に、

 

いいものを作るためだけ

 

 

どんどん人をぶった切っていく。

 

 

 

 

 

 

 

その周りにいる人たちもとにかく自分の世界観が強すぎて。

 

 

 

 

 

 

全員、

 

自分の感性 VS 他人の感性 

 

 

 

 

それだけみんな知識経験もあるなかで、

 

 

自分が思う

 

「これが最高!!」

 

って思うものを出し合ってるから、

 

みんなひかないのよね。

 

 

 

ファッションに対するみんなの意識は、

 

 

 

まさに狂気

 

 

 

 

 

でも、

 

そんな狂気とも言える最高の作品さえも、

 

 

 

編集長は

 

 

 

バッサリと切り捨てていく。

 

 

 

 

 

 

みんな納得いかないんだけど、

 

 

しょうがなく色んな作品をまた撮り直していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で納期ギリギリまで作った作品が、

 

 

最終的にすごくいいものになってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションの最先端で働いている人たちが、

 

 

どのようにして1冊の雑誌を作り上げてるのか。

 

 

 

 

 

そこにどれだけのが込められてるのかがわかる、

 

 

 

すごくいい映画だったわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気でいいものを作るための熱量を全力でかけてる人たちは、

 

本当に輝いてるわね。

 

 

 

 

 

想像も絶するほどつらくて、

 

 

ほとんどの人が辞めていってしまうのがよく分かるような現場だったけど、

 

 

 

それでも、

 

そんな中で残って強くなっていった人達は、

 

そこまでたどり着いた人達でないと見れない最高の景色が見れるわけね。

 

 

 

 

 

 

 

日々思うことはあったとしても、

 

 

死んだときに最高だったと思えるかどうかが大事ね。やっぱり。

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃ、今日はここまで!

 

 

 

 

 

さよなら、さよなら、さよなら。