読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

絶望の淵にいたアタクシを救ってくれた軌跡

今日は絶望の淵にいたアタクシを、

 

最高の気分に引き上げてくれた奇跡の一品と、

 

その軌跡の全貌をお伝えするわ。

 

 

感動必須よ!!!

 

 

 


 先日の出来事。

 

 

 

ジムにてしっかり汗を流したアタクシは、

 

お腹がすいていたのよ。

 

 

 

もうペッコペコのポッコポコ。

 

 

 

 

 

 


あ、あの二郎系の冷やし中華を食いに行こう!

 

 

すぐにそう思ったわ。

 

 

 



でもね、

 

空いてる閉店ギリギリを狙っていったのに

 


めっちゃ並んでたの。

 

 



あ、今日祝日か…。くっそ。

 


そう思い至ったアタクシは、諦めたわ。

素直にあきらめたのよ。



あ、あの新しくできた蕎麦屋は…

 

 

 

そう、他にも狙ってたお店があったからね。

 

蕎麦屋を目指して、数分歩いたわ。

 

空腹で歩く道のりって、なんであんなに長いのかしら。

 

 

でもね、現実は無情よ。

 

 

 

や っ て な か っ た わ。

 

 


アタクシは何を食らえばいいのかしら…

 

 

 

そして思い出したの。

 

もう一つだけ、


気になってたイタリアンがあったのよ。

 

 

一心不乱に歩くわ。

イタリアンを目指して。やっていることを信じて。

 

だってもう本当に空腹だったんだもの。

 

なんならその辺のでも食ってやろうかしらって気分よ。

 

 

 

長く、長い、

 

果てしない商店街の道のり、いや、絶望の淵を歩いたわ。

 

飢えたアタクシの目はきっとギラギラして

 

今にもヨダレを垂らしそうだったでしょうね。

 

 

飯をたらくふく食いたい。

 

 

その思いだけがアタクシの足を動かす原動力。

 

哀れなアタクシは完全に飢えていたのよ。

 

 

 

 

 

そしてついに

 

 

ついにたどり着いたの。

 

 

 

 

 

 

イタリアンのお店に!!

 

 



おい!!!ランチやってるじゃん!!!

 

 

 

 

 

 

ここからの流れはダイジェストでお伝えするわね。

 



いきなり接客がめっちゃいい。

注文する。

前菜の時点でめっちゃうまい。

もちろん、運動した後だから、ビールがめっちゃうまい。

この時点で再来ケテーイ。

 

 


ただ、これはまだ序章にすぎなかった…。

 

 

 

冷製バーニャカウダとジェノベーゼオムレツの前菜を肴に、

ビールを飲み進めているとついに 主 役 登 場 。

淡路島産カンパチとタコ、エビ、そして三重産の活ムール貝を使った

海賊カレーパスタ

まずはあえて半レア状態のムール貝を、パクリ。

海沿いの爽やかな風が口いっっっっぱいにひろがり、
さらに魚介のエキスたっぷりのカレーが口の中で海開き。

「すいませーん、ビールおかわり!」

もっちりとした平打ち麺に、カレーソースをしっかりと絡めてぱくり。

カレー+魚介+そして 酸味 の三重奏

この酸味はなんだ…?

こいつか。
このオリーブが最高のアクセントになり、

食べ飽きる感覚を忘れさせてくれるのか…。

この時点で、完全に気分は「孤独のグメ」

孤独のグルメの吾さんが、アタクシに憑依する。

「そう、俺は今地中海にいる。
地中海の海賊だ。
パイレーツ・オブ・ カ レ ー ビ ア ン」

額にじんわりと汗をかきながら、夢中で掻き込み、ラストスパート。

魚介→カレー→ビール→魚介→カレー→ビール→魚介→ビール→カレー→ビール

果てなく続く、ENDLESS STORY

たとーえば、だれーかーの♪

あー、久しぶりにNANAでも見ようかな。

てことで、ご馳走様。


今アタクシは、地中海の海賊になった。

もはや満足。

やっぱり行きつけケテーイ。

 

 

 

 

今日という日は、この店に出会う為にあったのだろう。

 

 

 

ごっそさんでした。

 

 

という、今日は意味のわからない投稿。

 

 

アタクシは孤独のグルメ、好きなのよ!!!

 

 

精進したいわ!!!

 

 

 

 ごちそうさま!!!

 

f:id:obus:20160120205040j:plain

 

広告を非表示にする