読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おブスとおバカと時々おネエ

元美容師のビジネスおネェ Kommy-コミー- がホッピーまみれでくだを巻きながら、大和撫子を創りだす。

愛のエンプティーおブス

 

 

 
ワガママな子
 
っているじゃない?
 
 
ワガママって言葉でまとめられるかわからないですが、
 
とにかく注文が多かったり、文句ばっかり言ってたり。
 
 
 
 
 
例えば美容室で言えば、
 
 
伸ばしてるんだけど、痛んでる所切って欲しくて~、量減らしたいんだけど重めがよくて~、え~、でもお金ないからトリートメントはしませ~ん。
 
なんかすごいいい感じにしてほしくて~、この前やってくれた美容師さんはすごいよかったんで、同じ感じがいいんです~。
 
明るくした~い、でも傷ませたくな~い
 
 
 
 
まぁね、
 
 
 
気持ちはわかるんです。
 
 
 
 
でも美容師的には言ってることが
はちゃめちゃだったりすることがあるんですね。
 
 
 
まぁそこまではいいんです。
 
 
 
プロの目線でのアドバイスをさせてもらうので
 
全然いいんです。
 
 
 
 
 
 
問題はちゃんと美容師さんが説明しても、
 
 
 
「え~、でも~」
 
 
 
ってなって美容師さんを困らせちゃう子。
 
 
ヘアスタイルに対してのこだわりが強く、
注文が多いくらいならまだ可愛いもんで、
 
 
 
一番問題なのは、
 
 
 
自分でもどうしたいのか実はわかってない子。
 
 
 
 
 
そういう子って美容室だけに限らず、
 
 
色々な場所でちょっと
 
 
はちゃめちゃだったりすると思うのよ。
 
 
 
 
 
ちょっとわかりづらいかもしれない表現から始まったけど、
 
 
そういう子達に通じてる態度が
 
 
「私はお客様で、
 
お店なんていくらでも選べるのぉ。
 
 
だから私を
 
 
完璧に満足させてねぇ?
 
 
 
っていう感じよ。
 
 
バイトなりでも
 
サービス業を経験したことある人ならわかると思うけど、
 
 
これってすごく面倒くさいお客さんなのよね。
 
 
 
 
 
飲食店でも、服屋さんでも、
 
 
そんなお客さんに当たっちゃったら
 
スタッフが裏で
 
 
「マジあいつサイテー!!」
 
 
とか言っちゃうような感じ。
 
 
 
 
まぁ、それもどうかと思いますけどね?
 
 
 
 
でももちろんスタッフも人間だから、
 
 
そういう人に当たっちゃったら
 
 
嫌な気分になっちゃうのは至極トーゼン。
 
 
 
 
 
でもね、
 
 
その嫌な気持ちのフィルターを通さないで、
 
 
そういう人達の発言を、ただただボーッと聞いてみると
 
 
だんだん違う声が聞こえてくるの。
 
 
 
「私の話をきいて!」
 
「私のことを見て!」
 
「もっと私にかまって!」
 
「私、本当は寂しいの!」
 
 
 
 
 
 
 
に飢えてる子が多いのね。
 
 
 
 
 
そういう子達と色々喋ってみると、
 
 
やっぱりすごい寂しがりやだったりする。
 
 
 
これってすごい極端な例だけど、
 
 
 
そういう面って誰しも持ってると思う。
 
 
 
私を見て欲しい、私を認めて欲しい。
 
 
 
 
みたいな。
 
 
 
 
 
 
でもに飢えるがあまり、
 
 
ワガママになっていくと
 
 
もっと人がどんどん離れてって、
 
 
またもっともっと
 
 
愛の大飢饉状態になっちゃう、
 
 
 
負のスパイラル。
 
 
 
 
 
がたくさん欲しければ、
 
まずは自分がを振りまくこと。
 
 
自分がどんなに飢えてても、
 
まずはたくさん与えてみる。
 
 
 
そしたらまずは小さな愛が返ってきて、
 
それがどんどん増えていって、
 
 
そしていつしか
 
すごく大きな愛
 
 
を、手に入れる。
 
 
 
本当の愛かどうかわからないものにすがりつく必要がなくなるの。
 
 
 
だからそういう人たちには試してみてほしいな。
 
 
 
まずは与えることで、
 
 
どれだけ手に入るか。
 
 
 
 
 
じっくり、諦めずに。
 
 
 

今日はそんな感じで、ノーぶった切りよ。

 
 
 
チャオ♪
 
 

f:id:obus:20151106034825j:plain

 
 
広告を非表示にする